読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉ライダーのMuscle Engineering

システムと筋肉への負荷テストが生きがいなバイク乗りSE

AirPodsを入手

毎日社畜と筋トレのローテでサボり続けてましたが。

今日は突如発売をしたAirPods を入手したので簡単に感想を。

元々13日だかに予約を開始しているのに乗り遅れてしまい、1/15到着予定でApple Storeで予約してました。

が、昨日に運良く手に入れることが出来たので早速使ってみました。 写真を撮って載せるのもメンドクセェ、なのてご容赦。

装着感は違和感なく、EarPodsが合ってるなら問題ないレベル。軽さはもうつけてるのが気にならないですね。逆に合わない人には不安要素かも。

驚くのは他でも言われてるようにペアリングの容易さ。蓋開けてタップでもう設定完了。 SEなもんでコンピュータにゃ多少詳しい方だけど、これなら誰でも簡単にすぐ使えるのはいいっすね。

さらに耳から外すと音楽の自動停止や着けると再生も地味に便利。

ちょっとお互い値段でしたが、完全ワイヤレスでならむしろ安い方。

あとはトレーニング中の使用感ですが、こちらは今日か明日のトレーニング後に別途書こうと思います。

テイルズオブベルセリア開始

かれこれ1年半ぶりくらいに新しくコンシューマーソフトを購入。 ブラッドボーンを購入して以来、興味を惹かれるソフトだったので。

8/19 発売のテイルズオブベルセリア。実にテイルズシリーズもはや16作目。
SFCのファンタジアで感動していた21年前からもう16作目か・・・(遠い目

talesofberseria.tales-ch.jp

テイルズシリーズはSFC/PS/PSP/DSのテイルズオブファンタジアテイルズオブデスティニーテイルズオブエターニア以来。

それが何故今更買ったか?

そりゃシリーズ初の単独女主人公たるベルセリアたんのおっぱい
のっけからヘヴィな運命に晒されて復讐に生きる女主人公とかなんか萌えるじゃないですか。

合間見ながらちょいちょいやりつつやっと4人パーティになった辺りで所感。

  • グラフィック ☆5
    いやー、時代は進化したというべきか、プレイ済シリーズも綺麗だったが輪をかけて綺麗に。感動すら覚える!!
  • 主題歌 ☆1
    すんませんFLOWをよく知らない上に好きな曲調でもなくDEENガネクロ(やってないけどTOAのBUMP)と比較してしまうもので1回聞いたきり。
  • 戦闘システム ☆4
    横スクロール2Dのリニアモーションバトルシステム(LMBS)から初めての3Dでしたが違和感なくすっきり。
    技連携のシステムが最初はどうつなげて行くか少々難しいものの慣れですかね。
    シンボルエンカウントになっている辺りも余計な戦闘を回避出来るメリットは大きいです。
    アクション苦手でもボタン連打で出せるのでその辺りも敷居は低いかと。
  • ストーリー ☆5
    とにかく暗いストーリーが好きな筋肉ライダーですが、死んだ目をして復讐に生きる女の子とかツボですよツボ。
    いわゆるヤンデレ好きなのかも知れないものの、リアルじゃ絶対勘弁。
  • 総評 ☆5
    現時点ではゲームとして文句なしの出来じゃないでしょうか。まだまだ始めたばかりなので隠し要素とか未プレイですが、次の展開は?とやりたくなってくる内容に仕上がってると思います。

さすがに3D酔いするとかは厳しそうですが、そうじゃないならかなり楽しめるゲームかと!

脳筋、Hatenaに起つ

座り仕事 + 筋トレ + バイク乗り + 時々ゲーマー。
都内の某社でSEとして社畜しています。
自己紹介がてらの軽い経歴です。

  1. 文系の大学を卒業後、何故かエンジニアとして就職する。
  2. 未経験のまま現場にブチ込まれ、当然ゴミ扱いされながらC言語で金融系システムを作る。
  3. 次の現場に一番乗り、前の現場の先輩がゴミ扱いされるところを目の当たりにしてSESの恐怖を味わう。
  4. 某SIのパートナーとしてn次受け(言えない)で大規模PJへ。
  5. WEB系にスキルチェンジも兼ねて誘われた会社に転職後、紆余曲折を経てあるベンチャーに再度転職。
  6. クソのようなマーケのゲロ以下の臭いがプンプンするプロジェクトに見切りをつけ今の会社へ。
  7. 「豚」という冷徹な言葉に一念発起して地獄の大減量を試み、1ヶ月で体重8kg、体脂肪5%減。

日々の業務に忙殺されストレスに晒されながらも、趣味と化した筋トレのことばかり考えて生きています。
主に筋トレに関すること(トレーニング履歴、筋トレ備忘、買ったモンetc)と似非でも技術者らしくITに関することを暇があったら書き連ねていくつもり。

ではどうぞよろしく。